きものの三松

一人で着られる!自分でできる!浴衣の着方HOW TO WEAR YUKATA

自分で着る、
浴衣の着付け方法をご紹介します。
何度か練習すればコツを覚えられるはず。
すっきり美しい着姿で出かけましょう。

下準備

STEP1

下準備

①ヘアメイクは着付けの前に済ませておきます。浴衣が汚れないように手を洗いましょう。

②汗ジミや透け防止のために、きちんと下着をつけてから浴衣を着ましょう。
浴衣用インナーか肌襦袢+裾よけ(またはステテコ)がおすすめです。

③腰紐やコーリンベルト、伊達締め、帯板等は手の届くところに準備しておきます。

準備ができたら、着付けスタート!

1/8

STEP1

左右の衿を合わせて、後ろの背縫い線を背中の中央に。衿先を持って、裾がくるぶしのあたりにくるように持ち上げます。

2/8

STEP2

先に上前の位置を決めてから、下前のつま先が裾から10センチくらい上がるようにして、右手を左の腰骨方向へ持っていきます。次に、右手を離しながら左手の上前を体の右側に合わせます。

3/8

STEP3

上前を腰骨のあたりで片手で押さえ、もう一方の手でひもの真ん中を取って、上からあてます。前から後にひもを回し、後ろで交差させてたら、一度ぎゅっと締め、緩まないように前で結びます。腰ひもを締める位置は、腰骨の2〜3センチ上が基本。ひもの先は回したひもに挟んで始末します。

4/8

STEP4

両脇の身八ツ口(身頃の脇あき)から手を入れて、前後のおはしょりを整えます。同時に衣紋をこぶし1個分程度抜きます。

5/8

STEP5

衿元を喉のくぼみのあたりで合わせたら、衿元が緩まないようにきものベルトをしめます。

6/8

STEP6

バスト下に伊達締めをあて、後ろで交差させて前へ持ってきます。伊達じめはきつくしめすぎないように。

7/8

STEP7

前で結んで、ひもの先は伊達じめの中にしまい込みます。

8/8

STEP8

余分なシワやたるみを整えます。おくみ線がおはしょりから裾まで揃うように、上前を整えれば完成!おはしょりの長さは、伊達締めの下線から指4本程度出るときれいです。


初心者でもわかりやすいように
浴衣の着付けを動画でご紹介します。
浴衣を自分で着られるようになれば、
着る機会も増え、着ていく場所も広がるはず!
お気に入りの浴衣を美しく着装して、
夏のおしゃれをお楽しみください。

ゆかた 〜花言葉〜 セパストユカタ ゆかたのお仕立て 最新浴衣カタログ無料プレゼント

FOR ENJOY YOUR YUKATA

ゆかたの着方

浴衣の着方

自分で着る、浴衣の着付け方法をご紹介します。何度か練習すればコツを覚えられるはず。すっきり美しい着姿で出かけましょう。

more

帯の結び方

浴衣帯の結び方

基本の結び方「文庫結び」をご紹介します。これさえ覚えておけば、様々なアレンジ結びも楽しめます。

more

ゆかたを着るのに必要なアイテムリスト

浴衣を着るのに
必要なアイテムリスト

浴衣を着る際に必要なものをまとめました。お出かけ当日にあわてることのないよう、着用前にチェックしておきましょう。

more

ゆかたお役立ちQ&A

浴衣お役立ちQ&A

コーデイネートのコツや着崩れの直し方、お手入れ方法など、浴衣に関するお役立ち情報をまとめました。

more

浴衣カタログ 無料プレゼント

FOLLOW ME!

instagram Instagram