ゆかたの着方
着付けプロセス
  • 着付けプロセス
    左右の衿を合わせて、後ろの背縫い線を背中の中央に。衿先を持って、裾がくるぶしのあたりにくるように持ち上げます。
  • 着付けプロセス
    先に上前の位置を決めてから、下前のつま先が裾から10センチくらい上がるようにして、右手を左の腰骨方向へ持っていきます。次に、右手を離しながら左手の上前を体の右側に合わせます。
  • 着付けプロセス
    上前を腰骨のあたりで片手で押さえ、もう一方の手でひもの真ん中を取って、上からあてます。前から後にひもを回し、後ろで交差させてたら、一度ぎゅっと締め、緩まないように前で結びます。腰ひもを締める位置は、腰骨の2?3センチ上が基本。ひもの先は回したひもに挟んで始末します。

  • 着付けプロセス
    両脇の身八ツ口(身頃の脇あき)から手を入れて、前後のおはしょりを整えます。同時に衣紋をこぶし1個分程度抜きます。
  • 着付けプロセス
    衿元を喉のくぼみのあたりで合わせたら、衿元が緩まないようにきものベルトをしめます。

  • 着付けプロセス
    バスト下に伊達締めをあて、後ろで交差させて前へ持ってきます。伊達じめはきつくしめすぎないように。

  • 着付けプロセス
    前で結んで、ひもの先は伊達じめの中にしまい込みます。
  • 着付けプロセス
    余分なシワやたるみを整えます。おくみ線がおはしょりから裾まで揃うように、上前を整えれば完成!おはしょりの長さは、伊達締めの下線から指4本程度出るときれいです。
着付けプロセス


ページトップへ