男物 長襦袢のたたみ方 男物 長襦袢のたたみ方

きものとは異なり、左右の脇縫いが背中心にくるようにたたみます。

衿を左、裾を右にして広げ、両脇の縫い目で折る。

右の脇縫いがちょうど真ん中(背中心)に来るように折る。

右袖を右の脇縫いから2センチほど控えて手前に折り返す。

左側も同様にたたむ。

身丈を2つ折りにする。


ページトップへ