男物 きもののたたみ方 男物 きもののたたみ方

次に着るときのために、しわを作らないように丁寧にたたむことが大事。

衿を左、裾を右にしてきものをひろげる。

下前のおくみ線を手前に折る。衿の上の部分を内側に折りたたむ。

上前の衿と衽を下前にぴったりと重ねる。

左の脇縫いを両手で2ヶ所持ち、手前に引いて右の脇縫いにぴったり重ねる。左の袖も右の袖に重ねる。

左の袖を身頃の上に折り返す。

身頃の丈を2つ折り(または3つ折り)にする。

ずれないようにきものを裏返し、右の袖を身頃に重ねる。


ページトップへ