ふりそでのお手入れと保管 ふりそでのお手入れと保管

point1 汚さないように着る

1
外出時はショールなどを羽織って汚れを防止
コートやショールは防寒やおしゃれのために着るものですが、汚れを防止する役割もあります。人が集まる場所では、どんなに注意していても汚れが付いてしまうこともあるので、大判のショールを羽織るなどして不意の汚れを防ぎましょう。

2
着付け時から着用中まで手をきれいに保つ
きものを準備する時から着付けの間、そして着用中は常に手をきれいに保っておくことが大切です。外出時もこまめに手洗いをしたりウェットシートで拭くなどして、できるだけ汚さないように気をつけましょう。

3
きものを汚した時の応急処置
食事中など、きものに何かをこぼしてしまったら、すぐに弾き落としましょう。汚れがしみ込んだ場合は、清潔なハンカチをあててそっと吸い取るようにします。レストランなどで出されるおしぼりは、薬品が付いていることもあるので使わないこと。また、慌ててゴシゴシすると生地が擦れて傷むだけでなく、汚れも落ちにくくなってしまうので気をつけて。
どんなに焦ってもその場では落とせないので、帰宅後すみやかに購入した呉服店や専門業者へ持っていくようにしましょう。

point2 脱いだあとのお手入れ

着用後は風通しの良い場所に干して湿気を抜きましょう
脱いだ着物、帯、長襦袢をそれぞれハンガーにかけて、数時間~半日くらい風通しの良い室内で湿気を抜きましょう。このとき直射日光が当たらないように気を付けて。干し終わったら柔らかいブラシや乾いた柔らかい布でホコリを払います。さらにシミや汚れがないかを確認しましょう。

point3 保管方法

1
きものはたんすや衣裳箱に、小物は別に保管しましょう
きものや帯、長襦袢はたたんで1枚ずつたとう紙やうこんの風呂敷で包み、タンスや衣裳箱に収納します。帯じめ、帯あげなどの小物はきものと別にして、引き出しや小物入れで保管するのがおすすめです。
*納品用の紙製の箱は、湿気を集めてしまうので保管には向きません。

2
乾燥剤と防虫剤を上手に使いましょう
湿気はきものの大敵。カビや変色、生地の傷みの原因にもなります。保管する際は、乾燥剤(シリカゲル)を一緒に入れることをおすすめします。防虫剤を使用する場合は、用法と用量をよく守って入れるようにしてください。乾燥剤と防虫剤は一緒に入れてもかまいません。シリカゲルは中身の粒が黄色く変化したら交換しましょう。

3
きものはしまいっぱなしにせず、定期的に風を通しましょう
半年~1年に一度、晴れて湿気の低い日を選び、きものをハンガーにかけて虫干しするのが理想です。虫干しが難しい場合はたとう紙を開いて風を通したり、ときどきタンスの引き出しを開け放っておくだけでもだいぶ違います。タンスの中に長期間しまいっぱなしにすることは極力避けましょう。


ページトップへ