きものの三松

ブログ BLOG

2016.6.21

ゆかた染めの伝統技法「注染」

 

 

 

ファッション雑誌にも色とりどりのゆかたが特集され始めました。

 

流行りの柄、好みの色など、選び方にもいろんな切り口がありますが、

 

せっかく日本の伝統カジュアルファッション・ゆかたを着るのですから見た目だけでなく、染めや織りの技法にも注目してみては?

 

 

ということで、ゆかた選びに役立つプチ情報シリーズ第3弾は、伝統の染め技法「注染」(ちゅうせん)についてお話しします。

 

 

 

「注染」は簡単に言うと、長い綿の生地を何重にも折りたたんで、一番上に型紙を当て、

 

染料を注いで生地の上から下まで染み込ませて染める技法です。

 

1枚の生地に型紙を当てて染めていく従来の染め方よりも一度にたくさん染められるので、

 

ゆかたや日本手ぬぐいなどの染め技法として普及しました。

 

世界中で日本でしか行われていない染め技法だそうです。

 

 

 

さて、実際どのように染められているのでしょうか?

 

 

 

P3120015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使われるのは、いろんな色の染料が入ったこのじょうろ!!

 

 

 

 

P3120008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折り重ねた生地の上に花柄の型紙を置き、染料が混ざらないように糊で土手を作ります。

 

そして、染めたい部分にじょうろで職人が染料を注いでいきます。

 

 

 

 

P3120024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2種類の染料を混ぜてグラデーションをつけたり、絶妙なぼかしを入れる職人ワザ!!

 

仕上がる色や染め具合は、すべて職人のセンスと勘で決まります。

 

 

 

 

 

P3120027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花の部分、濃いオレンジから黄色へ絶妙のグラデーションは、職人がじょうろから注ぐ染料の混ざり具合がすべて!

 

筆で描くわけでもないのに、本当にすごいワザだと思いませんか?

 

 

 

 

染め上がったら、防染の糊を水で洗って落とします。こちらも手作業で。

 

 

 

P3120029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗った生地を乾燥させれば、ゆかた地のでき上がり。

 

 

 

P3120037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注染は、染料が生地の表面だけでなく裏側まで染み通っているので、裏側も表と同じように染まっています。

 

また、染料が生地のすき間をふさがないので風通しがよく、着た時に涼しいと言われています。

 

 

 

同じ柄でも一反一反微妙に違う仕上がりになるのも、手仕事ならでは。

 

注染の魅力のひとつです。

 

 

 

どんな色柄でも実現できるプリントも魅力ですが、

 

手仕事が生み出す素朴な色、ぼかしのニュアンスを楽しめる注染にもぜひ注目してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FOLLOW ME!

  • instagram