きものの三松

ブログ BLOG

2016.5.2

ゆかたの素材にはどんなものがあるの?

 

 

日差しに夏を感じることも増え、

 

そろそろ浴衣を見に行こうかなと思っている皆さまも多いのではないでしょうか?

 

 

そんな皆さまにきっと役立つゆかた選びのプチ情報シリーズ!

 

「お誂えのススメ」に続き、今回のテーマは「ゆかたの素材」です。

 

 

 

ゆかたの素材① 「綿」

 

 

綿は、もっともオーソドックスなおなじみの素材です。

 

さらりとして肌触りもよく、体にぴったりと沿ってくれるのですっきりとした着姿になります。

 

また同じ綿100%素材でも、「綿紅梅」「綿絽」など上級感のある織り方のものもあります。

 

ワンランク上の着こなしをしたい方はぜひチェックしてみてください。

 

伝統的な染色技法「注染(ちゅうせん)」や表面のシボシボが特徴的な「絞り染め」など、染めの種類もいろいろ。

 

職人の丁寧な仕事が生み出す伝統の染めを堪能できるのも、綿のゆかたの魅力です。

 

 

 

変換 ~ 160205mimatsu_1420

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高級感のある、絞りのゆかた

 

 

 

 

 

 

ゆかたの素材② 「ポリエステル(セオアルファ)」

 

 

ポリエステル(セオアルファ)は近年人気のある素材です。

 

吸湿性や速乾性に優れているので、汗かきさんにもおすすめ。

 

綿よりも発色がよいので、くっきりとした柄と鮮やかな色を出せるのが特徴です。

 

水濡れや擦れなどによる色落ちもしにくいですし、お家で洗濯機で洗うこともできます。

 

アイロン掛けもほぼ不要なのがウレシイですね♪

 

 

 

 

ゆかたの素材③ 「麻」

 

 

麻のゆかたはとても高級感があり、どちらかというとゆかた上級者向け。

 

独特のシャリ感のある風合いが真夏の日差しの下でも実に涼やかです。

 

夏用の長襦袢を着て夏きものとして着るのもとっても素敵です。

 

また、ゆかたに合わせる半巾帯にも、麻素材がよく使われています。

 

 

 

 

 

代表的な3種類のゆかた素材を簡単にご紹介しました。

 

百聞は一見にしかず、です!

 

皆さま実際にお店に行ってみて、実際の風合いや手触りなどをぜひ確かめてみてください。

 

それぞれの素材の個性が、よーくわかると思います。

 

ゆかた選びのメインはもちろん色や柄ではありますが、

 

今年は素材にも注目して好みのゆかたをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

三松/しゃらのお店にも、たくさんの浴衣がそろっています。

 

 

ぜひお気軽にご試着にいらしてください。

 

 

お待ちしております!!

 

 

>>ゆかたコレクション2016

 

 

FOLLOW ME!

  • instagram