きものの三松

ブログ BLOG

2020.9.14

きもの撥水加工「三松ニューシルクケア」で雨や食べこぼしも安心♪

こんにちは。

しゃら上野パルコヤ店です!

さて今回は、前回のしゃら上野店のブログで予告した、お客様からの質問でよくある「こんなときどうするの?」についてご紹介します。

たくさんありますが1回目は、「今のうちにできる対策編①」です。

 

【今のうちにできる対策編①】

 

お客様からの質問で多いのが、

「雨が降ったらどうするの?」

「振袖を着てお手洗いは行けるの?」

「ご飯は食べられますか?」

この「雨・お手洗い・食事」の場面で共通しているもの何かおわかりでしょうか?

・・・そう”水”です!

絹でできている着物、帯、長襦袢、帯揚げなどは、

水濡れによって「水ジミ」という厄介なシミがついてしまうことがあります。

雨は上からも降ってくるし、歩けば泥がはねますし、自分が気を付けても隣の人が傘を振り回したり。

お手洗いの時は、手を洗う時に胴回りと袖を濡らしてしまったり。

食事の時は、うっかり飲み物をこぼしたり、ソースやお醤油を垂らしたり。

振袖を着る場面ほどおいしい食事が出るのに、着物を汚さないか心配ばかりで味がわからなかった・・・なんて悲劇です。

 

そんな心配がいらなくなるのが、着物や帯に施す「三松ニューシルクケア加工」(撥水加工)です。

 

 

加工代は、お誂えの場合、振袖 ¥15,000+税~、帯 ¥11,000+税~。

少々お高く感じるかもしれませんが、「着用時の安心感」「保管が楽」「後のお手入れが楽」「シミになっても落としやすい」など

たくさんのメリットがあります。

また、振袖お誂えの場合、着用後のクリニックサービスもあります。

 

しゃら上野店のスタッフもよく雨に濡れてしまったり、食べこぼしなどの失敗をしてしまうのですが

そのたびにシルクケア加工に助けられています!

着慣れない振袖を着る皆様も、シミや汚れの心配をしなくてすむよう、お誂えの際はぜひ「三松ニューシルクケア加工」をして

安心して振袖をお召しいただければと思います。

 

※「三松ニューシルクケア加工」は、お買い上げの着物やママ振袖に施すことももちろんですが、

レンタル振袖にも施されていますので、安心してご利用ください。

※振袖ご成約のお客様のサービス内容は、ご成約内容によって異なります。

詳しくは振袖アフターサービスをご覧いただくか、またはスタッフへお尋ねください。

 

 

 

 

【数年前。関東大雪の日の成人式】

早朝着付け後、お見送りしたお客様が式の直後、お店に戻っていらっしゃいました。

セットしたヘアも濡れてしまい、親御さんも大雪で迎えに来れないと。
「レンタルの振袖、これ以上濡れてしまってはいけないので、着替えをさせてほしい・・・」とのことでした。
振袖を触らせていただいたところ、特に濡れているという感触はなく、水滴がついている段階でしたのでお互いに安心。
初めての振袖着用のお客様でしたので、帯の結びだけスタッフの手で外させていただきました。
その時です・・・。
滝のような・・・は大袈裟ですね、水道の蛇口か?!と思うほどの水が流れてきました。
飾り結びした帯の間に雪が積もっていたのです。
そうなんです。

布の上で水がたまるほどの威力を発揮するのが「ニューシルクケア加工」です。
幸い水の被害は帯を外していたスタッフだけでした!

 

またこの年、ママ振袖を洗い張り・仕立て替えされ、シルクケア加工はされないお客様がいらっしゃいました。
やはり大雪で着物全体が濡れたご様子です。
まれな話ですが、もう一度、洗い張り・仕立て替えとなり、費用は10万円弱くらいでした。

シルクケア加工をされなかった理由は「おばあさまが当時揃えた大切なお着物で、いろいろな加工は抵抗を感じる」とのことで、
もちろんそのようなご心配も十分理解できることです。

私たちは、お客様にとって最善と考えていろいろなご提案をさせていただいておりますが、

さまざまなご事情、ご心配もお客様によって異なります。

ご不安なことがあれば、何なりとご相談いただければと思います。

 

次回は「事前にできる対策編②」です。

お楽しみに!

 

●しゃら上野店(パルコヤ4階) ショップ詳細

TEL:03-6240-1817

JR御徒町駅徒歩、地下鉄上野広小路駅・上野御徒町駅徒歩1分

 

振袖ご相談の際は、ご来店予約をいただくとスムーズにご案内できます。

>>振袖来店予約フォーム

 

FOLLOW ME!

instagram Instagram