きものの三松

ブログ BLOG

2018.1.5

成人式を迎える皆様へ!当日までに準備しておくことまとめ

 

いよいよ1月8日、成人の日が近づいてきました!

今週末には全国各地で記念式典が行われ、女性の新成人の皆様の多くが

艶やかな振袖姿で会場に向かわれることと思います。

 

 

そこで!

成人の日の一日をスムーズに、美しく、楽しく過ごすために準備・確認しておきたいことをまとめてみました♪

 

 

●振袖、帯など、必要な一式をもう一度確認し、準備しましょう。

 振袖を着るのに必要なものの一覧はこちらのページでご紹介しています

  コーディネートや着付け方法によって異なることもあります。

  不安なことがあれば、購入店舗や着付けをしてくれる美容室などに確認してください。

 

 また、足袋などの和装下着、腰ひもなどの着付小物類は、新品ならすべて袋から出し、

 ラベルなどがついていたらはがしておきましょう。

 

 美容室などに、事前に振袖一式を預けることもあります。着付け小物類には名前を書いておくと安心♪

 

 

●ぞうり&バッグの確認

 新品のぞうりは、鼻緒が硬いことがあり、足が痛くなる原因になることも。

 キツいようなら、鼻緒を引っ張って緩めておくとグッと履きやすくなります。

 また振袖用のバッグは、あまり容量が大きくありません。

 当日、「お財布もお化粧ポーチも入らない!!」と慌てることがないように、チェックしておきましょうね。

 式典に必要な持ち物も忘れずに!

 

 

●美容室に着ていく洋服

 美容室では、通常先にヘアメイクをしてから着付けをします。

 首の詰まったかぶりのニットやカットソーなどを着るのは、脱ぐときにヘアが崩れてしまうのでNGです。

 必ず前開きのシャツやカーディガンなどを着ていくようにしましょう。

 

 

●美容室にはノーメイクで

 朝、洗顔して化粧水などで整えたら、メイクはせずに美容室へ。

 ロングヘアも軽くまとめるだけにして、出かけましょう。

 

 

●あると便利なもの

 大判のハンカチやスカーフ・・・食事するときに胸元や膝の上に広げて汚れ防止。

 きものクリップor洗濯バサミ・・・手を洗うときやトイレに入るとき、袖を留めておくと濡らさずにすみます。

 静電気防止スプレー・・・裾まわりには静電気が発生しやすいもの。用意しておくと便利です。

             ※着物、長襦袢が絹の場合は、裾よけにスプレーして。

 使い捨てカイロ・・・屋外はもちろん、会場が寒いことも。

 

 

 

着付けの予約時間が早朝の方も多いでしょう。

前日は、夜更かしせずに早めに就寝し、体とお肌のコンディションを整えて。

朝ごはんもしっかり食べて、成人式本番に臨みましょう。

 

振袖を着ているときの立ち居振る舞いについての注意事項は

以下にまとめてありますので、ぜひ参考に。

トイレの前で慌てないように、ぜひご一読ください!

 

>>振袖の美しい立ち居振る舞い

 

 

 

 

 

FOLLOW ME!

  • instagram