きものの三松

ブログ BLOG

2017.7.8

浴衣上級者を目指すなら「博多帯」で!

 

 

こんにちは!

吉祥寺店の飯田です。

 

先日、お客様から「上級者らしく、粋な雰囲気でゆかたを着たい!」とご相談を受けました。

浴衣もだんだん着慣れてくると、

ワンランク、ツーランクアップの着こなしをしたくなってくるものです。

そんな皆さまにオススメなのが、博多帯です!

 

 

博多帯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1度は聞いたことのある名前だと思いますが、

博多織は、日本三大織物の1つです。

締めやすく、緩みにくいので、昔から広く愛用されてきた織物です。

 

今回ご紹介している帯の柄は、「献上柄」といいます。

縞模様の太い線は「親」、細い線は「子」を表していて、

太い線が細い線をはさんでいるのは親が子を守る意味があり、

反対に細い線が太い線をはさんでいるのは、子

が大人になって親をケアする意味があります。

また、「家内安全」、「子孫繁栄」の意味もあります。

 

このように、和服の柄には願いをこめられているものがたくさんあります。

とても奥深いですね。

 

博多帯は、浴衣以外にもカジュアルな着物(紬など)に合わせていただいても素敵です♪

今年の夏は、伝統ある博多織の帯で浴衣姿をブラッシュアップしてみませんか?

 

●三松吉祥寺店(ダイヤ街ウエストゾーン)   店舗情報

 TEL:0422-21-1851  10:00~20:00

FOLLOW ME!

  • instagram