きものの三松

ブログ BLOG

2016.7.20

巾着の上手な持ち方

 

東海から西の地方では梅雨も明け、いよいよ本格的な夏です!

 

各地で花火大会も開かれ、「もう浴衣着たよ!」という方も多いかと思います。

 

 

好評連載中(?)のゆかたブラッシュアップシリーズ、今回のテーマは

 

「巾着(きんちゃく)の正しい持ち方」です!

 

巾着の持ち方に正しいも正しくないもあるの?というご意見もあるでしょうが、

 

ゆかた姿がより美しく映えるためのちょっとしたコツです。ご参考まで・・・。

 

 

 

では早速・・・。

 

①ヒモの結びめを端っこにします。

 

 

t02200165_0369027612096040687

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②そのまま一度結びます。

 

 

t02200165_0369027612096040686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③蝶結びにします。

 

 

t02200165_0369027612096040688

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④輪の部分を引いていくと・・・

 

t02200165_0369027612096040689

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤結びめが引っかかって留まります。

 

 

t02200165_0369027612096043274

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥もう一方の輪も引いていくと、短い持ち手が完成!

 

 

t02200165_0369027612096043273

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦ちょうどよい長さ、安定感も出て持ちやすくなりますよ!

 

 

t02200294_0425056712096043275

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巾着のヒモが長ーいまま、ブラブラと振り回して歩いていらっしゃる方を見かけますが、

 

このように一度結んで持ち手を作れば、エレガント度が断然UP!!

 

 

 

ちなみにこの持ち方、中身が重たすぎると解けてしまうことも・・・。

 

財布やスマホ、化粧ポーチなど、入れたいものはたくさんあると思うのですが

 

そもそも巾着はずっしりモノを入れるものではないので、手荷物は極力小さく&軽くするのがベター。

 

財布は小銭入れ程度にし、IC乗車券やスマホは帯に挟むのもおすすめ。

 

ハンカチやティッシュは袂(たもと)に入れると取り出すのも楽です。

 

 

 

かわいい巾着をよりかわいく持って、ゆかたでお出かけしてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

FOLLOW ME!

  • instagram