きものの三松

ブログ BLOG

2016.7.6

今年こそマスター!ゆかたの着付け

 

7月に入り、早くも各地で猛暑となっていますね!

 

街なかでも、ちらほらゆかた姿を見かけるようになりました。

 

いよいよゆかたシーズン到来です☆

 

 

ところで皆さんはご自分でゆかたを着られるでしょうか?

 

着付けを習いに行くことができれば、それに越したことはありませんが、

 

お金もヒマもない!という方は、ぜひこちらの「ゆかたの着方」を参考にトライしてみてください。

 

>>ゆかたの着方解説ページへ

 

 

何度か練習すれば、だんだんコツをつかんできれいに着られるようになりますよ!

 

注:初めての方がいきなりやっても、なかなかうまくいかないと思います・・・。

 

  ぜひ着用日の前に、何度か練習してみてくださいね☆

 

 

 

では、着付けブラッシュアップのためのコツを伝授します!

 

「ゆかたの着方」の補講です!

 

 

 

 

コツ・その1

 

きものは左右対称です。プロセス①のところで、左右の衿をぴったり合わせてください。

そうすれば、必ず背中心(背中の真ん中の縫い目)がまっすぐに体の中心にきます。

 

 

コツ・その2

 

プロセス②のところでは、下前の衿先を持った右手を、左胸の少し下あたりまで

ぐぐっと持ってくるイメージで。

下前を上げることで、裾すぼまりのきれいなシルエットになります。

 

 

コツ・その3

 

腰ひもは、緩みのないようにしっかりと締めましょう。

腰ひも以外のひも類は、押さえる程度でOKですが、

腰ひもはゆるいと着崩れの原因になりますので、しっかりと!

ウエストではなく、腰骨の3センチくらい上に締めればしっかり締めても苦しくありません。

 

 

コツ・その4

 

プロセス④で大事なのは、「衣紋」を抜くこと。衿が首にぴったりくっつかないように

背中心を下に引っぱります。

 

 

160205mimatsu_369_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じに衣紋が抜けるとGOOD!

 

前で衿を合わせるときは、せっかく抜いた衣紋がつまってしまわないよう

 

下に引っぱらないように気をつけて。

 

 

 

自分で着られるようになれば、気軽にゆかたでおでかけもできますね。

 

ひと夏に1回しか着ないなんて、もったいない!

 

お気に入りのゆかたで、どんどんおでかけしちゃいましょう!

 

皆さんもゆかたの着付け、ぜひマスターしてください☆

 

>>ゆかたの着方解説ページへ

 

 

 

 

 

 

 

FOLLOW ME!

  • instagram