• スタッフブログ
  • 2017年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • 三松・しゃら BLOG

    矢羽根の着物で「はいからさん」コーディネート
    2017年11月13日

     

    来春卒業式を迎える皆さま。

    晴れの日の装いは、もうお決めになりましたか?

     

    近年、女子学生の卒業式スタイルとして大人気なのはもちろん「袴」。

    色とりどりの着物に凛々しい袴を合わせた女性を見かけると、

    「卒業シーズンだなあ・・・。」と思わず見惚れてしまうものです。

     

     

    そもそも袴は男性の礼装として着られるものでしたが

    明治時代に入り、女学校に進学する女性が増え、彼女たちにも活動的な袴が好まれるようになりました。

    さらに女学生のために、宮中の袴を参考にした海老茶色のスカート状になった女袴(行灯袴)が考案され、

    徐々に全国の女学生に広まっていき、昭和初期まで女学生の制服として親しまれたのです。

     

    まだまだ女性の社会進出が難しかった明治・大正のころ。

    活動的な袴は、女性たちにとって憧れであり、新しい時代の象徴のひとつでもあったのでしょう。

     

    袴が現代の卒業式でこんなにも定着したのは、

    明治・大正の女性たちの袴に対する思いを、それぞれの未来への旅立ちの日に重ねているからかもしれません。

     

     

     

    さて、袴に合わせる着物ですぐに思い出すのが「矢羽根」の柄。

    「的を射る」「真っ直ぐに進む」を意味する矢のモチーフは、縁起のよい文様とされています。

    思いのままに真っ直ぐに進んでいく、明治の女性たちの気概を表すかのような矢羽根文様。

    まさに卒業式にはぴったりの文様ですね。

     

     

     

    _MG_6015

     

     

    元気で明るい「はいからさん」のイメージ!

    細かい矢羽根柄なので、すっきり見えて上品です。

     

     

    ■着物「矢羽根」   レンタル価格 ¥10,000(+税)

    ■袴「刺繍」     レンタル価格 ¥10,000(+税)   オンラインストアで見る

      ※レンタル袴は、店舗では着物と袴を別々にお選びいただけます。

       袴のみのレンタルも承ります。

      ※オンラインストアでは、着物と袴の組み合わせは変えられません。

     

     

     

    おしゃれな袴で、思い出に残る卒業式を!

    三松/しゃらのレンタル袴取り扱い店舗、三松オンラインストアにてご予約を承っております。

     

    >>卒業式用レンタル袴コレクション

     

     

     

     

     

       

     

     

     

     

     

     

     

     


    ページトップへ